名古屋・豊田の塗装・防水工事は東名塗装工業へ

こだわりの下地補修と
作業フロー


塗装について

下地補修がカギです!

建物は経年において様々な劣化をきたしますが、その劣化現象は躯体自身によるもの、躯体を被覆しているもの(塗膜)、また素材の種類によっても症状が異なってきます。そのいずれの場合も補修のカギとなるのが下地補修です。コンクリート造の建物ではクラック(ひび割れ)の補修方法として、Uカットシール充填工法、エポキシ樹脂注入などがあります。また特に近年の建物では外壁サイディング貼りの住宅が多く目地のシーリング打ち替え、サッシ廻りシーリングの打ち替えなどが必須項目となっております。弊社ではこのような建物の損傷を総合的にチェックし、最も適切な処置によって、建物の延命、耐久性の低下を抑制する外壁トータルリフォーム工事を行っております。

劣化部補修の流れ

1劣化状況に応じて色分けマーキングします。

2大きいひび割れ、漏水の恐れのあるひび割れはUカットを行います。

3表面上は小さなひび割れでもUカットをしてみるとこんなに大きなひび割れが隠れている場合があります。

4Uカット後のシール充填状況です。

5シール充填の後はカチオン系モルタルにて保護します。

6モルタル保護の後は微弾性フィーラーにてパターン合わせを行います。

7微弾性フィーラー下塗りです。

8仕上げは2回塗りです。

シーリング打ち替えの流れ

1サッシ廻りの古くなったシーリングの打ち替えを行います。

2旧シーリングは撤去します。

3プライマー状況です。

4新設変性シリコンシーリング充填です。

5仕上げ状況です。

6完了です!あとの工程で塗装にて被覆します。

7古くなった壁の目地シーリングの打ち替えを行います。

8サッシ廻り同様、旧シーリングは撤去します。

9サッシ廻り同様、プライマーの後、新設シーリング打ちです。

10仕上げ状況です。

11完了です!塗装工程に移ります。

施工の流れ
  • 1. お問い合わせ

  • 2. 【無料】調査・お見積り

  • 3. ご契約・日程等打ち合わせ

  • 4. 近隣ご挨拶

  • 5. 着工足場仮設・劣化部調査及び補修・高圧洗浄・各種塗装工程

  • 6. 検査、工事完了(足場解体)

  • 7. お引渡し(工事写真、保証書等提出)

料金について

※工事内容によって異なりますのでお問い合わせください。無料でお見積りさせていただきます。